topimage

2017-11

保育所のデッキ - 2017.11.17 Fri







私は公共の場所や、民間でも施設に付随するデッキ工事も担当している


材木屋としては、木材を使う仕事が一番多いけど

時として合成木材(再生木材)を使ったデッキの工事もやる。

材料としては これが意外と面倒くさい


保育所デッキ


合成木材(再生木材)は木粉と樹脂を混ぜて押し出し成型したもの

木のように千差万別の表情を持っているものではない

また木材のように繊維が通っているわけではないから

ポキッといく場合もあるだろう

床下構造は木材のデッキのそれよりも密に作らなくてはならない


保育所デッキ


それでいて、樹脂だから温度差による伸び縮みがある

これを無視すると大変なことになる


伸縮を逃がす場所を作らなければ床板は富士山のように隆起することになる

実際、そのようになった高校のデッキを見たことがある

隆起したときにビスを持ち上げてしまうから、ビスがバカになってしまう


保育所デッキ


木は古くなると反りや細かいひび割れを起こす、

木自体は年月とともに趣が増すといわれるが

ひび割れを起こすとトゲの問題がクローズアップされる


ペーパーで補修、自分でメンテナンスしてもらえればいいのだが

日本人はあまりそういう行動を取らない。


結局、メンテナンスが楽なもの

ひび割れしない合成木材・・・・・ということになる


アメリカでは自分たちでメンテナンスをするし、

木のトゲがあることで問題になったり、大騒ぎをすることはないと思う。



その結果今回作ったように、保育所、幼稚園にはこんなデッキが一番ということになる

割れることはなく、トゲが立つこともない


子供がそのように思うのではなくて、管理者側の考え。

木よりも合成木材は、夏場に暑くなってしまうが一応木と名前が付いている。

















スポンサーサイト

焼杉 - 2017.08.01 Tue





驚いた、焼杉は商売上見ているんだけど

建物の壁に使われているのを見たのは初めて

こんな


1700729081.jpg


焼きっぱなしの板を張っているのはめずらしい。

焼いてからトクサで磨いたりすると聞いたけど


これはホントに焼っぱなし

この屋の主はそうとう変わっていると見える


1700729084.jpg


それに加えてアカマツとモミジの取り合わせ

粋だねぇ

松もきっちり手入れされている

りっぱだねぇ




それにしてもこれを張った大工さん

苦労しただろうね

手は真っ黒、

顔も真っ黒

すすが飛ぶから鼻の穴も真っ黒だっただろうね

苦労がわかる

今でもこんな仕事する人がいるんだ

これもおどろ木




木ぃつけ屋











火曜日の吊橋工事 - 2017.06.14 Wed





今日は火曜日、ここの休園日でもある

休園日は吊橋はロックアウト


したがって誰も通る事は出来ないのだが

通ることが出来ないとなると余計に通りたくなるのが人の常

不法侵入する輩がいるものだ


吊橋


この日も橋の上で作業をしていると

工事区域を無視して入り込む2人連れがいる。


よくある話は、遠くから来たということでちょっとだけ渡らせて・・・・と

いやいやとんでもない

橋の上では床版が外され、大きな穴がこんにちは状態

ここは通すわけには参らん


P6130992.jpg


ところがこの日はちょっと様子が違っていた

注意するのだが、こちらの言う事がわからない状態

相手から帰ってくるのは英語か何語かわからん

どうも中国からの若い旅行者の様子


どえらい遠くからのお客だったわけさ

でも吊橋をバックに2人の写真を撮ってあげると喜んでいた


吊橋


しまったなぁ

工事看板に英語と中国語の言葉を入れてなかったなぁ。

まさかこんな所で外国人が


今日はだめ、あぶないの と言うと

明日はいいのか? と

明日はOK と


なんか変な会話の現場でした






木ぃつけ屋














ハンカチの木 - 2017.05.24 Wed







ちょっと前に咲いていたのはハンカチの木

この白いのは 苞(ほう-葉っぱの変形したもの) というもの

こいつがハンカチのように見える

だからハンカチの木と言われるようになった


わざわざこのハンカチが落ちたのを拾いに来る人もいるそうな

珍しい木

自生するものはないから、殆んど植えられた木


ハンカチの木(はんかちのき)


昔に『木綿のハンカチ』という歌があった

絹のハンカチと違ってちょっとシワシワなんだけど


そんな木綿のハンカチとそっくり

すがすがしい白が好まれるのだろう


ハンカチの木(はんかちのき)


しかしなぁ

私の性格だろうか

こんなシワシワを見ると

どーしてもピシィ~とアイロンかけたくなってしまう

出来ればキーピングをシュッシュッとやって高温でシャっと


もうちょっと綺麗に伸びて開いてくれると手間要らずでいいのだが

無理かな?



木ぃつけ屋









里山の櫟(くぬぎ) - 2017.02.28 Tue





ここは山の手の小学校の裏山、里山と呼ばれる地域でもある。


伐根直径は60cm強、

樹高は20mを超える

そんな櫟(くぬぎ)がここには何本も生えている


P2120156.jpg


木を大事にしよう、と言いつつ

大きな木を残して低い雑木を全部切ってきたんだろうな

大きくなって枝葉を広げたから

低い木が育たなくなってしまった


今、大きな木が、枝が邪魔になってきた。

折れた枝がひっかかって危ない・・・

虫がついて枯れてしまった・・・・・


切らないといけない

切って欲しい・・・・・・


P2120155.jpg


で、切ることになった。


会社の仕事ではないけど切る役目をおおせつかった

なかなかクセのある奴で、思い通りの方向に倒れてくれなかった。

倒れるときの地響きは堂々とした大物


P2120158.jpg


上の写真は倒した櫟(くぬぎ)を玉切りした断面

樹体内の水分がしたたり落ちているのが判るだろうか


切断面がどっぷり濡れている

あふれる水はポトポトでは無く

ボットン、ボットン落ちて来る

まるで櫟(くぬぎ)の涙とも見て取れる。


台風で、嵐で倒れるのは自然淘汰で仕方がない

でもなぁ人間の都合で切らなくてはいけないのは少々木?がひける

まぁそれでも広葉樹は萌芽更新するからと自分に言い聞かす。


樹冠が開いて、空間に若い木が生え、

いろいろな樹種が伸びる中、たくさんの実が出来

たくさんの虫や鳥が集まる生物環境になったらいいと願う。


木ぃつけ屋








今日の話は 中川木材産業 とは関係おまへんで
      http://www.wood.co.jp/ 


    ついでにこちらも覗いてやっておくれやす。
         Cobucim   いいやす
      http://ameblo.jp/is-woods/
     覗いてミリャわかりやす。花のブログでんねん。










NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

木ぃつけ屋

Author:木ぃつけ屋
 木でいろいろな施設を作る仕事をしています。建物などの箱モノでなく、デッキとか、モニュメントとか、遊具、木柵とか、木道なんかを作ったりメンテナンスしたりしています。
 木材の劣化診断の仕事もやってます。
 私の仕事はそんな事をやってます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

木のいろいろ (71)
いろんな木の施設 (24)
木の手入れ (4)
自然のなかに (24)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR