topimage

2012-11

山鉾巡航 - 2012.11.25 Sun


京都といえば祇園祭、

祇園祭といえば山鉾巡航

夏の暑い都で一月間繰り広げられる。



IMGP0472.jpg



大船鉾は今再生中

途中まで出来たのがこれ

この車輪は、長刀鉾の車輪で使っていたものを寄贈されたもの、だそうだ。



IMGP0470.jpg



使われている材料。檜だねぇ

すごいねぇ。無地だね。

こんな材料がどこにあるんだろ。

探すの大変だったろうね。



IMGP0471.jpg



それと釘を使わずに組み手と荒縄だけで組上げる伝統技術。

ここまでくるともう芸術の域かな。

ただ巻きつけるだけでは締まらない。

だから要所に割りを入れているんだね。


で聞いた話。

こんなことが出来る人が何処の町内にもいると思っていたんだけど、

そうじゃないらしい。

鉾巡行のときの舵取り役の人も町内にいるのではなくて、

よそから頼んで選任の人がくるらしい。


伝統行事を守るのも大変なことだね。

人が居なくなったら続けられなくなってしまう。

それと掛かる費用も莫大な金額だね。


この鉾の再建について、ネットでも知ることができるよ。












スポンサーサイト

切捨て御免 - 2012.11.04 Sun

最近の間伐は切り捨て間伐がほとんど。

で、その状況がこんな感じ


DSC_0218.jpg


切捨て間伐は書いた字のとおり

間伐で切った木はそのまま遺棄される。


間伐するから林内に光は差し込み残った木は天国

でも切った木は搬出されることはなく。

林内整備で綺麗に積まれたらいいほう。


間伐を請け負ったものとすれば、面積で請負金額が決まる。

自分達が食っていくにはいかに広い面積を間伐するかにかかってくるわけよ。


DSC_0217.jpg


でもなぁ、もったいないで育った年代は、何とかならへんかな

と思うわけよ。

でもがんばって集めて軽トラ一杯が1万にならないって言ったら、みんなどう思う?


ホームセンターなんかで材木売ってる。

結構軽いよね。

でもでも、切ったばかりの木って水のかたまりみたいなものだから。

半端な重さじゃないよ。


絶対野菜作って売るほうが率がいい。

だったら、残す木をしっかり育てて、高く売るほうがいいと思うよね。



何とかならないかな?

だれかいいアイデアあったら教えて。







NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

木ぃつけ屋

Author:木ぃつけ屋
 木でいろいろな施設を作る仕事をしています。建物などの箱モノでなく、デッキとか、モニュメントとか、遊具、木柵とか、木道なんかを作ったりメンテナンスしたりしています。
 木材の劣化診断の仕事もやってます。
 私の勤める中川木材産業㈱はそんな仕事を昔からやっている会社です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

木のいろいろ (67)
いろんな木の施設 (21)
木の手入れ (4)
自然のなかに (21)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR