topimage

2016-07

大阪都 - 2016.07.15 Fri








大阪は昔は半分以上が湿地帯だった。

山から流れた土が川の中州を作る。

最初は中州だらけ

それがだんだん大きくなって平野が出来あがってきたけど

川が多かったわけ

そこに秀吉が運河を整備した



だから大阪は橋が八百八橋あったという。

物流は船が主役だった

品物が日本全国からわんさか集まったわけよ


160706002.jpg


東京、江戸の橋はお上がほとんどを作った

しかし大阪の八百八橋はほとんどが商人(あきんど)がつくったもの

そのころから大阪の経済も文化も民(たみ)が作ったと言える




この写真は大阪の東、生駒の山から撮ったもの

白く輝くのが大阪湾

その向こうが淡路島。

淡路島のずぅっと右になぞると大きな吊り橋がみえるよ

これが明石海峡大橋。世界最長のつり橋で3900mあるんだ

写真をクリックして全体を見てな。


東京で都知事選挙をやるらしいが

こんど、大阪府が日本の首都になる・・・・・かも。

もう東京は伸びていく場所もないし、今度は大阪やで


そうや

どうせなら国名も変えてみたら・・・・

大日本合衆国

各都道府県でいろいろなことを考えられる。

それもいいんじゃないか。


アベ君一人では・・・・・

もうちっと分散させなくちゃ

ほかでもいいこと考える人はいっぱい居るはずよ








スポンサーサイト

吊橋の工事 - 2016.07.07 Thu





ここはなんたらブランコという名で知れている吊橋

長さは280メートル 高いところで高さは50メートル

主要構造は鉄骨で、ワイヤーで吊っている。


ブランコって言うくらいだから公園のブランコみたいに揺れるかと思うが

そんなに揺れたらエライことになる。


しかし風の強いときは、結構なもの

橋の上で足を踏ん張ってドキドキすることもある。


吊橋


関西、西日本でも有数の規模らしい

さすがに大きさは迫力あるね


遠くからもこられる人が多い、

見てのとおり床版は木の板を使っているから

毎年点検し、痛んだものは事前に取り替える依頼を受けている。


吊橋


そんな仕事をもう10年ほどしている

毎年、1スパン5枚で 11スパン程度取り替えている


交換する板をはずすとポッカリと下が見える


じっと見ていると飛び降りたくなる?

バンジーでもやったら世界遺産かな?



吊橋


私が板の点検をして、予想どおり痛んでいたときは

『あぁ よかった』とホッとする。

万一見逃していたとすると・・・・ぞっとする。

折れる事故なぞあるはずがないが

万一折れたりするととんでもない事故につながる



私たちの仕事が、施設の安全と利用者の安全につながるとうれしい













NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

木ぃつけ屋

Author:木ぃつけ屋
 木でいろいろな施設を作る仕事をしています。建物などの箱モノでなく、デッキとか、モニュメントとか、遊具、木柵とか、木道なんかを作ったりメンテナンスしたりしています。
 木材の劣化診断の仕事もやってます。
 私の勤める中川木材産業㈱はそんな仕事をやってます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

木のいろいろ (67)
いろんな木の施設 (21)
木の手入れ (4)
自然のなかに (23)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR