topimage

2017-08

古都の手摺物語 - 2017.08.28 Mon






猿沢の池って言ったら、奈良の街のど真中にある池

今年この池に“池床”を作ったろと目論んだ人がいるのさ


ただ今工事中!


170803001.jpg


そもそも“床(とこ)”ってのは京都 鴨川に夏の間だけ張り出すように出来る涼み床のこと

それになぞらえて池の上に床を作ろうって話なわけ


ただ今工事中!


170803007.jpg


それって京都の物真似じゃねぇのかと声も聞こえるが

京都は京都、こっちは奈良なんだから趣も違っていいんじゃないか


池の向こうに見えるのは興福寺の五重の塔

ずっと左を見回せば南円堂の六角屋根


170825005.jpg


それが何で仕事になったってことから物語が始まるのさ


実はこの床が出来るのが夏の10日だけの話

で、このうえでどんちゃん騒ぎをするのではなく

静かに奈良の良さを見てもらおうってぇのが趣旨と私は思っている


170825007.jpg


そんな主催者の思いにぴったりだったかどうか。

提案したのがシンプルな手摺な訳


170825008.jpg


奈良の雰囲気にぴったりな床にしたい、しかし10日間だけに予算は限られる

ステージ自体は鉄パイプと建築の仮設材料で作らなくてはならない


ならばこうしましょうと 木の生地をそのままに作った手摺

柱を太い角柱、角に配置される柱はさらに太く、

お寺の回廊の手摺に似せて重厚な感じにしてみた


擬宝珠は乗せていないが、木肌そのままの柱


170825012.jpg


それが良かったかどうか


池床(いけどこ)と言う話題性が良かったのだろう

工事の途中でもメディアの取材があった


            6.jpg


毎日新聞の記事で掲載されたのが上の写真

私たちの仕事が“池床”の手助けが出来た仕事

手摺物語でした。




木ぃつけ屋







               今日の話は 中川木材産業 の仕事でっせ
                        http://www.wood.co.jp/ 


                    ついでにこちらも覗いてやっておくれやす。
                         Cobucim   でっせ
                      http://ameblo.jp/is-woods/
                覗いてミリャわかりやす。Cobuさんのブログでんねん。(^∇^)ノ



スポンサーサイト

焼杉 - 2017.08.01 Tue





驚いた、焼杉は商売上見ているんだけど

建物の壁に使われているのを見たのは初めて

こんな


1700729081.jpg


焼きっぱなしの板を張っているのはめずらしい。

焼いてからトクサで磨いたりすると聞いたけど


これはホントに焼っぱなし

この屋の主はそうとう変わっていると見える


1700729084.jpg


それに加えてアカマツとモミジの取り合わせ

粋だねぇ

松もきっちり手入れされている

りっぱだねぇ




それにしてもこれを張った大工さん

苦労しただろうね

手は真っ黒、

顔も真っ黒

すすが飛ぶから鼻の穴も真っ黒だっただろうね

苦労がわかる

今でもこんな仕事する人がいるんだ

これもおどろ木




木ぃつけ屋











NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

木ぃつけ屋

Author:木ぃつけ屋
 木でいろいろな施設を作る仕事をしています。建物などの箱モノでなく、デッキとか、モニュメントとか、遊具、木柵とか、木道なんかを作ったりメンテナンスしたりしています。
 木材の劣化診断の仕事もやってます。
 私の仕事はそんな事をやってます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

木のいろいろ (70)
いろんな木の施設 (24)
木の手入れ (4)
自然のなかに (24)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR