topimage

2017-10

吊橋の工事 - 2016.07.07 Thu





ここはなんたらブランコという名で知れている吊橋

長さは280メートル 高いところで高さは50メートル

主要構造は鉄骨で、ワイヤーで吊っている。


ブランコって言うくらいだから公園のブランコみたいに揺れるかと思うが

そんなに揺れたらエライことになる。


しかし風の強いときは、結構なもの

橋の上で足を踏ん張ってドキドキすることもある。


吊橋


関西、西日本でも有数の規模らしい

さすがに大きさは迫力あるね


遠くからもこられる人が多い、

見てのとおり床版は木の板を使っているから

毎年点検し、痛んだものは事前に取り替える依頼を受けている。


吊橋


そんな仕事をもう10年ほどしている

毎年、1スパン5枚で 11スパン程度取り替えている


交換する板をはずすとポッカリと下が見える


じっと見ていると飛び降りたくなる?

バンジーでもやったら世界遺産かな?



吊橋


私が板の点検をして、予想どおり痛んでいたときは

『あぁ よかった』とホッとする。

万一見逃していたとすると・・・・ぞっとする。

折れる事故なぞあるはずがないが

万一折れたりするととんでもない事故につながる



私たちの仕事が、施設の安全と利用者の安全につながるとうれしい













スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://woods1919.blog.fc2.com/tb.php/115-9c8dd2a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大阪都 «  | BLOG TOP |  » 鎮守の森物語

プロフィール

木ぃつけ屋

Author:木ぃつけ屋
 木でいろいろな施設を作る仕事をしています。建物などの箱モノでなく、デッキとか、モニュメントとか、遊具、木柵とか、木道なんかを作ったりメンテナンスしたりしています。
 木材の劣化診断の仕事もやってます。
 私の仕事はそんな事をやってます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

木のいろいろ (70)
いろんな木の施設 (24)
木の手入れ (4)
自然のなかに (24)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR