topimage

2017-10

木道(もくどう) - 2012.07.20 Fri

木で作った道を木道(もくどう)という。

普通の道を作ることの出来ないところに柱を立てて、桁を渡し、床を張る。

だから柱さえ立てられれば、平らなところでなくても道は作れることになる。

池の上でも水の中に柱を立てて、道をつけることがある。

こんなところ。

でね、木は腐ってしまうことがあるから、いろいろなところに気を使わないといけない。


DSC_0132.jpg


じゃぁ、どうして木はくさるのだろう。

腐るもとになるのが腐朽菌、

キノコはその腐朽菌が作り上げた子実体です。


腐朽菌は、酸素と水分と適当な温度と養分があれば発生する。

水分は雨とか、露とか湿度がそれ

温度は気温がそれ、真冬の低い温度ではさすがに適温といえない。

梅雨の時期から秋にかけてが一番適温なのだろう。

養分というのは木の成分のセルロースなんか。


DSC_0133.jpg


どれも排除するのに難しい。

酸素と温度と木の養分は排除するのは無理。人間が生きてゆけない。

ならば制限できるのは水分だけと言うことになる。

雨なんかどうやって防いだらいいの・・・・

雨は屋根をつけてぬらさなかったらいいんだね。



でもなんでもかんでも屋根をつけるわけにいかない。

なれば、濡れてもすぐに乾くようにできたらいいんだね。


この木道、私が作ったものじゃないけど

すごく綺麗に出来ている。

ただ、残念なことに

濡れても、すぐ乾くようになっていない。

ちょっとの工夫がなくて腐りやすいことになってしまっている。

残念です。



床板の間が透いていない、だから床の上の雨は溜まってしまう。

木道の両端に落ちないように立ち上がりがついている。

これを地覆(ぢふく)と言うんだけど、これと床板が密着している。

だから隙間に入った水分は乾かずに腐朽菌を繁殖させることが多い。


これを改善するだけでずいぶん違うと思うけどな。

残念だなぁ。せっかく作ったのにね。



















スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://woods1919.blog.fc2.com/tb.php/14-533965bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

木のベンチ «  | BLOG TOP |  » こんなモンがあるよ

プロフィール

木ぃつけ屋

Author:木ぃつけ屋
 木でいろいろな施設を作る仕事をしています。建物などの箱モノでなく、デッキとか、モニュメントとか、遊具、木柵とか、木道なんかを作ったりメンテナンスしたりしています。
 木材の劣化診断の仕事もやってます。
 私の仕事はそんな事をやってます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

木のいろいろ (70)
いろんな木の施設 (24)
木の手入れ (4)
自然のなかに (24)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR