topimage

2017-10

お寺の修理 - 2012.10.09 Tue



とある由緒正しいお寺をお参りしました。

建立1200超の歳月を経て、今も多くの人がお参りされる


DSC_0137.jpg


ここの三十の塔は重要文化財としての指定を受けている。

今は痛んだ屋根の修理中。

屋根は檜皮葺(ひわだぶき)

桧皮葺は非常に手間のかかる仕事

桧の皮を剥いてそれを何十にもして竹の釘で止めていく。

手作業しかないから大変な仕事である。


DSC_0142.jpg


しかし、それ以前に、桧の皮を採取する人間がいなくなっている。

桧皮は檜の皮のことである。

それを採取するのは、木を選び、高いところで川を剥ぐ

この仕事をする人を原皮師(もとかわし)とよぶ

この仕事をするひとが高齢化でいなくなっている現状。

桧皮を確保するのも難しくなっている。



DSC_0124.jpg


重要文化財や国宝の建物の屋根がこの桧皮葺で出来ているものがいくつもある。

木の根がしっかり地面を捕まえているように

桧皮葺もしっかり後世に伝えたいものです。













スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://woods1919.blog.fc2.com/tb.php/23-f77eea00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お寺の修復工事 «  | BLOG TOP |  » 神事

プロフィール

木ぃつけ屋

Author:木ぃつけ屋
 木でいろいろな施設を作る仕事をしています。建物などの箱モノでなく、デッキとか、モニュメントとか、遊具、木柵とか、木道なんかを作ったりメンテナンスしたりしています。
 木材の劣化診断の仕事もやってます。
 私の仕事はそんな事をやってます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

木のいろいろ (70)
いろんな木の施設 (24)
木の手入れ (4)
自然のなかに (24)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR