topimage

2017-10

お寺の修復工事 - 2012.10.24 Wed


もうこのお寺の修復はただただ驚くばかり、息を飲む、規模が違う。


このお寺は面積で言えば古代木造建造物では日本一・・だったかな?

え~と、世界一だったとおもう。

東大寺が世界一といわれるのは、面積はここのお寺よりも狭いけど

高さがあるからだそうだ。

IMGP0475-2.jpg

なんじゃこりゃ、と・・・・

これはお堂をすっぽり包んだ素屋根と呼ばれるもの。

鉄骨で出来ているが、これを作るのに2年かかったという。

建物をさわる前に2年もかかるんだね。


建物の真上で鉄骨を振り回すわけにいかない。

だから建物の脇で鉄骨を組立てゴロゴロ転がすわけさ。

全部の鉄骨を組んだら重くて動かないし、場所もいるから分割してやったわけよ。すごいねぇ

で、その中がこんな

すでに瓦をはがされて、土も取り除いた状態。

IMGP0499-2.jpg



ここで高さが30m、もうあきれ返ってしまう。

瓦を一枚一枚はがして、土を取り除いて、その重量が1000t になるっていうから驚き。

新しく瓦を葺くときは土を使わないそうだ。


土を使わないと300t も屋根が軽くなる。

関取が150キロとすると2000人分軽くなる勘定。すごいねぇ。

で、土を使わないとすると、ビスで止めるようにするんだけど

整然と瓦を止めるにはほかの難しい面があって、新たな問題をクリアしないといけない。

常に新しい技術が求められているわけだ。すごいねぇ


屋根が軽くなると建物の負担が減って、地震にも強くなるんだね。すごいねぇ



IMGP0507-2.jpg

修復というと屋根の雨漏りを直すのがメインになる。

しかし、木材の劣化についての診断は屋根から床下まですべてに行われている。

いやぁ、大変だ。



でね、屋根の話だけど、はがした瓦は1枚づつ点検して駄目なものは新しく作り直す。

この新しい瓦を作るにもいろいろと試行錯誤したらしいよ。


廃棄するものについてもほかの目的でリサイクルしているそうだ。すごいねぇ

何せ文化財やから、どんなものでもおろそかには出来ない。

やたらに廃棄物を出さないようにしている。エコだねぇ


IMGP0516.jpg


こんな飾り物も綺麗に金箔を張られるんだね。

で、綺麗になるとこんな感じになる

もう、ぴっかぴか

IMGP0489.jpg



ここは鬼瓦が乗っかっていたところ。

木はずいぶん傷んでいる。

IMGP0517.jpg


材料は松や欅(けやき)なんかが良く使われている。

材料の大きさが違うよ、住宅の棟木の断面寸法で10倍、だから断面積で比べたら100倍。すごいねえ

これをどうやって屋根のてっぺんに乗せたんだ?

やはりピラミッドと同じで、長いスロープを作ったそうだ。

何十人で担ぎあげたんだね。

いやぁ、人間の力って偉大だね。すごいねぇ



でね、この建物を作った昔、

一人の棟梁が仕切っていたわけさ、まあ~その下に副棟梁みたいな人が

部署ごとに仕切っていたんだろうね。


その当時は、今みたいにコピーがない、

棟梁が書いた図面、今みたいにCADがあったわけではない。

杉の板にみんな描いていたと思う。それを皆が書き写したんだね。

けど、詳細図なんか自分達の頭の中にあったんだろうね。


棟梁のすごいのはそれだけではなくて、

建物の構造計算、材料の段取、下の人間の賃金まで棟梁がやっていたという。

まさにスーパーマン、すごいねぇ



お寺の修復は50年ごとにされるそうだが、

人間の知恵、技術のすばらしさを見せつけられた現場だった。


さてさて最後に質問、私は何回すごいねぇと言ったでしょうか。












スポンサーサイト

● COMMENT ●

おとーさん、ほんとにすごい規模の話ですねー。
ここでおとーさんは何を担当されるんですかー?
こんな国宝に携われるなんて、素晴らしくステキなことですねー!
日本のため、世界のため、いい仕事してくださーい(^0^)/

Re: タイトルなし

> おとーさん、ほんとにすごい規模の話ですねー。
> ここでおとーさんは何を担当されるんですかー?
> こんな国宝に携われるなんて、素晴らしくステキなことですねー!
> 日本のため、世界のため、いい仕事してくださーい(^0^)/


ここでは私は見学者です。
でもいろいろな木造施設の点検の仕事もやってる。
だからこんな仕事を見るとむずむずするね


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://woods1919.blog.fc2.com/tb.php/25-9d8ad0f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

切捨て御免 «  | BLOG TOP |  » お寺の修理

プロフィール

木ぃつけ屋

Author:木ぃつけ屋
 木でいろいろな施設を作る仕事をしています。建物などの箱モノでなく、デッキとか、モニュメントとか、遊具、木柵とか、木道なんかを作ったりメンテナンスしたりしています。
 木材の劣化診断の仕事もやってます。
 私の仕事はそんな事をやってます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

木のいろいろ (70)
いろんな木の施設 (24)
木の手入れ (4)
自然のなかに (24)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR