topimage

2017-10

常緑樹 つばき - 2014.04.11 Fri






落葉樹は秋に葉を落とし、冬の日の弱い間は葉をつけず

ひっそりと最小限のエネルギーで生きている。


常緑樹は年がら年中分厚い葉っぱをくっつけている。

この違いはなんなんだ


葉が分厚くて光っている

これが常緑樹の葉っぱの特徴


DSC_0873.jpg


ひかった塊の中に

赤い色がチカっ、ちかっと

これは椿


DSC_0910.jpg


こんな山ン中に立派なも木道があるんだけど

今から何年か前に私達が作った


この付近が椿の木が多いところ

木道に枝が張り出てきて

花が目の前にある



         DSC_0866.jpg



桜みたいにはたはたとはためくのではなく

ばっさばっさと風に揺れる


桜は、薄いやわらかなブラウス

椿の葉は、分厚いダッフルコートみたいだね

見方を変えると椿に代表される常緑樹はふてぶてしい感じがするなぁ

自然て それだけふてぶてしくならないと生きていけないのかも




いきなり暖かい風がふいて、陽が強くなったら

葉が光を反射して真っ白。


がんばって光合成してるな

うん、いい!







スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://woods1919.blog.fc2.com/tb.php/58-8be6d8bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ミツバツヅジ «  | BLOG TOP |  » 目ン玉開け

プロフィール

木ぃつけ屋

Author:木ぃつけ屋
 木でいろいろな施設を作る仕事をしています。建物などの箱モノでなく、デッキとか、モニュメントとか、遊具、木柵とか、木道なんかを作ったりメンテナンスしたりしています。
 木材の劣化診断の仕事もやってます。
 私の仕事はそんな事をやってます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

木のいろいろ (70)
いろんな木の施設 (24)
木の手入れ (4)
自然のなかに (24)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR