topimage

2017-10

緑の世界 - 2012.05.23 Wed

私たちが住む町はアスファルトの道路が走り、コンクリートの集合住宅が立ち並ぶ。

どんどん土が無くなり、緑が少なくなっていく。

太陽の熱はアスファルトに、コンクリートに蓄熱され、住む人間はエアコンをフル稼働させる。



しかし、住んでいる中にこんなところがあると落ち着くね。


DSCN2167.jpg


ここは、見事に緑の別世界。

緑は目に優しいといわれる。

色の中で一番刺激が少ないから見ていてやさしい。


DSCN2161.jpg


ここでも毎年この時期 新しい芽が緑を出してくる。

若い芽の息吹を感じる季節である。


DSCN2168.jpg


木は直射日光を遮り、暑さを和らげてくれている。


大きく枝を広げた木は、太陽の光を10%程度まで減らし、

それによって輻射熱による暑さを大きくへらす役割をもっている。

街路樹のように単独で立っているよりも、このようにかたまって木がある場所はいっそう涼しくなる。


DSCN2166.jpg


木は蒸散ということをしている。

いわゆる木の内部の水分を外部に放出しているのだが、


人間が暑いときに汗をかくのと同じ事と考えたらよいのだろう。

直射日光に晒された葉は100度近くにもなるといわれる。



蒸散を行うときの気化熱によって周りの熱を奪い、気温を下げるという効果を作り上げる。

林間に身を置くと涼しく感じるのはこの蒸散の効果のせいである。

























スポンサーサイト

● COMMENT ●

はじめまして

緑の大切さを改めて知る思いがします。
私たちも将来はウッドデッキのある家に住みたいと夢想しております。
そのときは相談に乗ってくださいね♪

Re: Re: はじめまして

>
> ウッドデッキ作りましょう。作り方教えます。みんなで作れば怖くない。金はかかりますが、当然安い。その分みんなでわいわい。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://woods1919.blog.fc2.com/tb.php/7-99b662b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

元気な緑 «  | BLOG TOP |  » 松脂(まつやに)

プロフィール

木ぃつけ屋

Author:木ぃつけ屋
 木でいろいろな施設を作る仕事をしています。建物などの箱モノでなく、デッキとか、モニュメントとか、遊具、木柵とか、木道なんかを作ったりメンテナンスしたりしています。
 木材の劣化診断の仕事もやってます。
 私の仕事はそんな事をやってます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

木のいろいろ (70)
いろんな木の施設 (24)
木の手入れ (4)
自然のなかに (24)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR