topimage

2017-08

白膠木(ぬるで)の花 - 2015.09.10 Thu




白膠木(ぬるで)はウルシ科の落葉高木。

奇数羽状複葉で葉軸に翼がある。

葉軸ったら、葉の軸さ

羽状複葉ったら小さな葉っぱがいくつか軸でまとまった1セットが1枚の葉っぱとされるんだけど

葉軸ったらその小葉をくっつけている軸のことなんさ、たぶん。


で翼っちゅうたら、葉っぱの狭くしたようなモンかくっ付いているンさ

あまり気色のいい木では無いし

人によって触るとカブれるので、好かれる木ではないな


まだ幼木で背の低い時は目の前に葉が出てきて

オット!といいながらよける木


こんなにでかくなるとは思わなかった


白膠木(ぬるで)



そんな白膠木(ぬるで)だから背が高くて目にとまらない

普段あまり目につかない存在


だけど、花がつくと山では結構目立つんだよね。



木の幹を傷つけると

白い樹液を出す、それをウルシのように塗料として塗ったことから

“塗る手”とよばれて、それが“白膠木(ぬるで)”となったらしい。


また、これを見つけたのが関西人で・・・・

と、これ以上言ったら『また しょうも無いことを・・・』と怒られそうでやめとこ



白膠木(ぬるで)


この葉には虫がつくんじゃ

虫がついたら虫こぶってぇのが一杯出来てな

それがみっともないくらいに醜いモンなんじゃ

『あばた』って言ったらこんなモンやろか

葉にブツブツが一杯出来ている様は気色悪い


白膠木(ぬるで)


しかしな、昔はこれが無ければ困ったモンなんじゃ


昔は既婚女性は歯を真っ黒に染めた

いわゆる『お歯黒』ってやつだけどな


この虫コブがお歯黒の原料になったんじゃ。

お歯黒の艶が美人のバロメーターだったそうなんじゃ


と言うことは

この木がなければ美人は居なかったし

白い歯の女性はみんな美人ではなかったわけだ


それなら私は美人なわけだ

お前さんのは、そりゃ虫歯じゃねぇか・・・・・

やっぱ、歯は白いほうがよろしいという話しでした。










スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://woods1919.blog.fc2.com/tb.php/94-1798b3ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小紫(こむらさき) «  | BLOG TOP |  » Bucklen park

プロフィール

木ぃつけ屋

Author:木ぃつけ屋
 木でいろいろな施設を作る仕事をしています。建物などの箱モノでなく、デッキとか、モニュメントとか、遊具、木柵とか、木道なんかを作ったりメンテナンスしたりしています。
 木材の劣化診断の仕事もやってます。
 私の勤める中川木材産業㈱はそんな仕事をやってます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

木のいろいろ (70)
いろんな木の施設 (22)
木の手入れ (4)
自然のなかに (24)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR