topimage

2017-02

ねこ語のパソコンください - 2016.09.22 Thu




これは日々の出来事


ごくごく自然な出来事


160916010.jpg


キー操作はもちろんブラインドタッチ


けどよ、猫語の辞書はマイクロソフトは作ってないって聞いた


天下のマイクロソフトも大したことないな


 160916012.jpg


素早くエンター!


むむむ、フリーズしちまった


 160916014.jpg


しかたないな “エスケープ!・・・”

Ctrl+Alt+Delete・・・・・・

それでも動かないか


仕方ないな、カスタマサポート電話しなくっちゃ



 160916017.jpg


なになに、操作に関する事は①を押せって?


①押して・・・


なになに順番におつなぎしますって?


面倒くせぇなぁ・・・


まだかょ、もう30分だぜ



え、営業時間は5時までって?


明日に再度電話してって?


そりゃないぜ・・・・・と猫語でのたまう





さっきまで床で転がっていた奴が

パソコンてぇ?

弊社では当たり前・・・・・








 

橅(ぶな) - 2016.09.04 Sun






この木は森のダムと呼ばれる

私は木でいろいろな施設を作る仕事をしている

どんなものでも、よ~く考えたら作れるもんだ


橅(ぶな)


しかしダムって? これだけはなぁ

どんなことしても何処に水を溜めるねん

何処にタンクを作れってんだ?


橅(ぶな) 

まぁ、でかい木だぜ

天にむかって大きく手を広げている

雨が降れば、葉がそれを受けて

枝から幹を伝って根元に落ちる

雨を自分の根元に落とす

素晴らしいシステムだ


橅(ぶな) 

秋になれば数えきれない葉を根元に落とす。

葉はうず高く根元に積もる。

ふかふかの葉っぱのベッドはスポンジも同じで

雨が降ればそこに溜まりとどまり

少しずつ水を流す事をもって“森のダム”と呼ばれる所以だ



楢(ナラ)がいま危機的な状況に陥っている

これも自然の摂理なんだろうか。

ブナはそうなって欲しくない












楢枯れ仲間 - 2016.08.21 Sun



噂には聞いてたけど、とうとうやって来ちまったみたいだな

カシノナガキクイムシってんだな

何と長い名前だ。

ファーストネームがカシノ、ミドルネームがナガ、サードネームがキクイムシか・・・

面倒臭いからカシナガでいいんじゃねぇか


小楢(こなら)


おいおい、そんなのんびりと話をしてる間はないぜ

この足元の白い粉がカシナガが穴をあけて入っちまった証拠なんだ

お前も俺も枯れちまうんだぜ


なんせカシナガがカビ菌を運んで来よる。

その菌が俺たちの中に入ると、俺たちの栄養で繁殖するわけさ

すると俺たちの中で防御成分が出来て、それが人間では血管とも言える導管を詰まらせてしまう

ようするに心筋梗塞か脳梗塞みたいなこっちゃ

血流が止まれば体の端まで栄養がいかず、細胞が壊死してしまうんじゃ

ゆくゆくは全体に影響して倒れてしまうんじゃ


小楢(こなら) 

えらいこっちゃな

お前さん頭に茶髪が増えてきたんじゃねぇか?

チャパツじゃねぇ、枯れてきてんだ。


いまな病院を探してるんじゃ

カシナガの入ったところはしょうがないけど

根っこから まだ健全なところに

バイパス手術が出来りゃあ・・・と思っているんじゃ

心筋梗塞の手術じゃあたり前だろ?

ステント入れるって手もあるんじゃねぇのか?

駄目かな???




このコナラは5月に会った時は健全でした
でも今は瀕死の重傷状態
人が山に入らずに、木が大きくなり過ぎているのも原因の一つ。
カシナガは小さな木にはあまり入らない
大きな木が倒れて、小さな木が伸びていくという
自然淘汰なら仕方ないのかも知れない

今までに楢枯れがはやった事があったけど
これだけ長く続いているのは初めての事
里山からコナラが少なくなったらどうなるんだろう・・・



























枯損木の伐倒 - 2016.05.06 Fri





樹高20m超、伐根直径45センチぐらいかな

コナラの木、

里山で目にする主要な木


枯損木の伐倒


このあたりでは大きくなりすぎている

場所を特定して皆伐したら、ギャップが出来て低木がもっと生えてくるのだけど

そうするといろんな植生が繁茂して虫が集まり

鳥も集まる

いい森になるんだけどなぁ


枯損木の伐倒


大きな木を大事にしようとして

小さな、低い木を除伐してしまう

だから大きな木ばかりが残ってしまう

日陰だらけだから小さな木が育ちにくいし


こんなデカイのが枯れてしまうと倒すのも難儀する

倒してから玉切りして整理するのに10人ぐらいで1時間以上かかる。

これでは里山も荒れるのは当たり前だろう。

ちょっと管理するのも考えなくちゃ・・・・ね。













小葉の三葉躑躅(こばのみつばつつじ) - 2016.05.01 Sun







つつじってあんまり好きじゃないんだけど

植わっているやつよりも、山ん中で花をつけているこいつは 健気だ


                小葉の三葉躑躅(こばのみつばつつじ)


つつじでも 花が小柄で、葉っぱが小さくて 三枚なのが名前の由来

色はピンクの濃淡だけみたい

フツーのつつじは赤やらピンクやら白やら

そりゃ賑やか

だけどそれは交配された園芸種だったりする


小葉の三葉躑躅(こばのみつばつつじ)


小葉の三葉躑躅(こばのみつばつつじ)


そんなのを尻目にこいつは“キリッ”っと咲いている

なかなか睫毛がながいじゃないか


さわやかで、いいんじゃないかい







写真のサイズを小さくしてんだけど

もちっと小さくしないと全部が見れないなぁ








NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Author:木ぃつけ屋
 木でいろいろな施設を作る仕事をしています。建物じゃなく、デッキとか、モニュメントとか、木柵とか、木道なんかを作ったりメンテナンスしたりしています。
 木材の劣化診断の仕事もやってます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

木のいろいろ (66)
いろんな木の施設 (20)
木の手入れ (4)
自然のなかに (20)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR