topimage

2017-10

鎮守の森物語 - 2016.06.26 Sun





鎮守の森は神社の社地に植えられた木でかたち作る森のこと

昔から信仰の対象で、人の手が加わらずに守られてきた森


160522001.jpg



昔は信仰の対象は山であり、海であったりもした

だから山は神であり、自然現象も神のなせるものであった


160522022.jpg


いくつもの年を重ね

周りに開発の波が押し寄せてきても

そこだけは昔からの植生を残している



160522041.jpg


その森の中で新しい芽が生まれ

毎年ながらのツルアリドオシが花を咲かせる



私の家から30分の鎮守の森物語でした



小紫(こむらさき) - 2015.09.21 Mon







秋になると出来る

紫色の小さな仁丹

一年のうちで秋しか出来ない


小紫1


誰が決めたか

この木は仁丹の木だと


葉っぱの根元からこぼれそうに顔をだして

紫色に光っている



小紫2



葡萄じゃないよ


ずっと小さくてさ

デラウェアなんかよりもずっと小紫


赤いのは梅仁丹

あれは森下仁丹たからね

間違えたらアカンよ



小紫3


こいつは、残念だけどワインにはならないんだ

処女が素足で踏んでもだめ

生娘でもだめ

おかんはもちろん

ばあちゃんは・・・・勘弁して


そうか、メス象なら

なんとかなるかな


小紫4



そんな小紫仁丹

クマツヅラ科の落葉低木

けっしてワインの素ではない。













水のおかげ - 2015.06.17 Wed






地球ってさ 水が当たり前に流れている星なんだとあらためて実感する

ここに水の道があってさ

その先に溜まるところがある


150613002-2.jpg


溜まるのには、すべて目的があるんだ


例えば  “おろち”の棲む滝つぼを作る。

おろちが出できて村の娘を差し出せという。

この話がなければ昔話は出来てこなかった。

水がなかったら、おろちの話もできないよね


海に行き着いた水が蒸発して低気圧をつくる

台風が出来て大雨が降る。

これがなければ天気予報は出来なかった

台風がなくて、大雨もなければ天気予報は要らないよね

これも水のおかげだよね


150613008-2.jpg


ほかに大事な事は

水はほとんどの生き物の生きる糧になっているということさ

水がなければ桃太郎も出てこない


そして水はすばらしい景色を提供してくれる。


ん~、やっぱ地球はすばらしい。

日本はすばらしい。













グランドカバー - 2014.10.04 Sat







クランドカバー

地表の土を見せないように覆ってしまう植物のことをいう

でみなさんに


DSC_2523.jpg
DSC_2525.jpg
DSC_2525.jpg


すごいグランドカバーやろ

じつはといえば

三枚の写真を並べてみたんだ


ちょっとしたグランドカバーのお遊びでした。












やってきたよ - 2014.09.30 Tue





ついこの間まで突き刺さるような日差しに

顔が真っ黒に日焼けした毎日だった


       DSC_2564.jpg


今、日差しも優しく

包み込むような風が吹くようになってきた





葉っぱの向こうに秋がみえる。

緑の葉に隠れて

秋がたたずんでいる


DSC_2576.jpg


今年は見事な秋がやってきそうだなぁ


外国ではなかなか紅い秋は見られない

どうしても黄色の秋ばかりが多い

なんでかって、たしか理由があったはず・・・・


日本は黄色のいろいろ

紅のいろいろと よりどりみどり


日本に生まれてよかった






NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

木ぃつけ屋

Author:木ぃつけ屋
 木でいろいろな施設を作る仕事をしています。建物などの箱モノでなく、デッキとか、モニュメントとか、遊具、木柵とか、木道なんかを作ったりメンテナンスしたりしています。
 木材の劣化診断の仕事もやってます。
 私の仕事はそんな事をやってます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

木のいろいろ (70)
いろんな木の施設 (24)
木の手入れ (4)
自然のなかに (24)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR